作成者別アーカイブ: 出嶋

利尻南陵(4/28〜5/1)

  
                                   
                                                                          

メンバー:Ⅼ石井、出嶋
タイム:
4/28 稚内前泊
4/29 フェリー 稚内06:40~鴛泊08:20
フェリーターミナル8:30-鬼脇林道9:00-ヤムナイ沢-尾根取り付き11:00 1181mC1 14:00
4/30 4:00 C1出発ー10:30P1 11:30P2 13:39バットレス15:30本峰 19:00下山

数年越しの目標であった南陵登攀がようやく実現した。
天気予報の関係で1日送らせての山行だったが、結果的には大成功。天気は非常によかった。テンバ場からのロケーション、眼下に広がる鬼脇の夜景、漁火を灯す漁船、利尻ならではの光景に感動した。ヤムナイ沢の地形は白い恋人の写真通り、どこか異国を感じるような複雑な地形で現実社会とはかけ離れた感覚を常に感じた。核心ポイントはP1.P2の懸垂下降、こちらはピンポイントで下降地点に降りなければならず緊張した。クライミングではバットレスの1,2ピッチ目がおそらく核心だと思う。予定時間を大幅に過ぎて19:00の下山となった。行動時間、体力的にもハードな山行だったが、何より毎度の事ながら石井さんのフィジカル面に感服で恐ろしい還暦おじさんだと改めて感じた山行だった。

2019年AMC氷壁研修 

AMC氷壁研修 層雲峡 神削覆道の滝(通称O滝)
2019.1.27
メンバー CL堤、石井、出嶋、牛久保、古山、鈴木(智)、鈴木(修)

当日は朝の冷え込みが厳しかったものの、天気は快晴、O滝周辺は風も弱く、快適であった。研修ではV字スレッド(アバラコフ)、氷壁での支点作成、ムーブの基本をやり、トップロープで各自2本登った。パラグーをリードした石井さんは「全然パンプしない」と異次元のコメントで物足りなさそうだったが、皆で和気あいあい、楽しく無事に終えることが出来た。 (出嶋)

氷壁研修に初めて参加させていただきました。
アイスクライミングを始めたのが約5年前でした。この間、体系的な知識は身についておりませんでした。
今回の研修で、氷の形状とその性質、各ギアを身につける位置とバランス、ムーブの基本、負傷の予防、アバラコフを作るときの注意事項、グローブの選び方等、大変勉強になりました。
尾滝とパラグーフォールをのぼりましたが、パラグーの後半のバーチカルは必死にのぼりました。
本当に有意義な一日を送ることができました。企画してくださった方々、参加した方々に、感謝です。
鈴木修二

一昨年に研修に参加していましたが、忘れていることも多く色々と思い出す良い機会になりました。
特に氷面にバイルを打ち込む時のポイントやバイルを打つ際の姿勢の取り方は実際に登る際に試し、感覚を掴めたかなと思います。
研修担当の皆様方、ご指導頂きありがとうございました。鈴木(智)


小樽赤岩2017.5.5‐6

メンバーL石井、出嶋

ゴールデンウィーク後半戦、夜間登攀訓練の誘いを頂き小樽に車を走らせた。赤岩のサークルKにて石井さんと合流し現地に向かう。今シーズン初めてのマルチピッチ、しかも夜間の岩登りだった為、不安があったがここまで来たらやるしかない。窓岩リッジに狙いを定め、明るいうちにいくつかのルートで体を慣らす。日も落ちヘッドランプを装着。窓岩の取り付きに向かう。昼間とは勝手が違いルートに沿って登るのも一苦労だった。また、取りつきの場所を間違い、北大ルートを登っていたことに途中で気づく。若干時間があったので三段テラスを登りこの日のクライミングは終了。

翌朝、気を取り直して再度窓岩リッジの基部に向かう。2ピッチ目のリードが本日の核心。錆びたハーケンにヌンチャクを掛けながら少しずつ登り、何とかクリアーできた。最終ピッチで窓岩に立った時はかなりの達成感だった。

今回、何ピッチかのルートを登ることによって一通りの流れが習得できた。今シーズンは色んな岩場に出向きスキルを向上させたいと思う。

記 出嶋