作成者別アーカイブ: Suzuki S

黄金沢 2019.9.22

メンバー:鈴木(し)、吉田

タイム:6:00 黄金橋集合  6:15 林道歩き開始  7:10 入渓  10:30 400大滝
11:20 下山開始  14:10 下山

浜益川支流の黄金沢に行ってきました。国道451号線沿い、黄金橋の浜益側の林道から入り、渡渉地点の手前で車をデポして林道歩きを開始しました。黄金橋の滝川側から入る農道は荒廃著しく、車の通行は相当困難です。
渡渉地点を車で通過して、もう少し先まで車で行くこともできますが、入渓地点の前2ヶ所で林道が寸断されております。

コンクリート橋の残骸のあるころから入渓。しばらくすると100メートルほどのきれいな滑が現れます。この滑の少し先で、釣りをしました。

この先、小滝がいくつも現れて、きれいな沢の景色を楽しむことができます。

のんびり歩いて、400大滝に到着。この日はここを登って終了することにしました。

滝に向かって右側のルンゼ(チムニー)約5メートルを登ります。岩は苔むしているうえ濡れているので、確保無しで登るのは少し怖かったのですが、チムニー登りで登って下降はクライムダウン。

昼食後も、ゆっくりと黄金沢を下りました。好天にも恵まれ、下山中にもまた釣りをして、さらには日当たりのよい乾いた岩盤の上で昼寝をして、という具合でのんびりと下山しました。

釣り初心者の鈴木でも釣れる場所でした(魚はすべてリリースです)。

鈴木

 

小樽赤岩 2019.7.15

メンバー:L 石井 鈴木(し)

タイム:7:35 赤岩峠駐車場 東大壁佐藤ルート  東大壁小林ルート  猫岩  44フェイス
17:00 赤岩峠駐車場

先月に続いて、小樽赤岩に行ってきました。

赤岩峠駐車場は、朝7:35で車5台程度、既に登り始めている人たちもいるようです。

今回はまず東の大壁に行きました。アプローチは新道を使ったのですが、途中の「はしご」は写真のとおりロープがはずれております。安心して通過することはできませんのでご注意。

まず「佐藤ルート」5級ー 5級ー 4級、全部で3P。朝一のルートにはちょうど良いくらいでした。

次は「小林ルート」へ。

ここへは2回の懸垂で降りるのですが、1回目懸垂を終えてロープダウンすると、ロープが岩にひっかかって落ちてこない・・・ここは石井さんが登ってとってきてくれました。

そして次の懸垂下降後にもロープを引いたら、あろうことか、ここでもロープが落ちてこない。今度は木の枝の先にからみついた。ロープをちからいっぱい大きく上下させたが、ロープは落ちてきやしない。今度は自分で取りに行こうと木登りしようとしましたが、「登っているときに、あの木が折れたら海まで落ちていくのではないか」という話になり、結局私がセルフ取ってビレーし、石井さんが木登りをすることに。この後無事ロープを回収できました。

「小林ルート」全部で3P。1P目5級はそれほどでもなかったのですが、2P目5級はチムニー状の溝に入り込んでしまって、文字通り煙突(チムニー)を這い上がるようにして上に抜けました。
3P目は3級だったので私がリードしました。

この日は気温はそれほど高くはなかったのですが、湿度が高かったらしく、2ルートを終えたら汗だくです。ここで休憩、窓岩を眺めながら昼食。

昼食後は「猫岩」、4級。直上して左上から回り込み1Pで終了。しっかりつかめて登りやすいルートです。終了点がアプローチ側より10mほど高い位置にあるので、下降は約10mの3級ルートをクライムダウンします。


クライムダウン中です

最後は今回もフリールートの44フェイスへ。この日は既に3パーティーが来ていて渋滞です。鈴木は今回はトップロープで2本。石井さんは、今回も11台のルート2本を早送りのような速さでRPしました。他のパーティーの方々からは拍手がおこっていました。

今回も、終日とても楽しいクライミングでした。そして、前回同様、特にロープワークはたくさんまなぶものがありました。ありがとうございました。  鈴木(し)

 

小樽赤岩2019.6.15

メンバー L石井 鈴木(し)

 7:40 小樽赤岩峠駐車場   ピナクルリッジ、テーブルリッジ、昼食、東のチムニー、44フェイス  16:00 終了

 

 7時半過ぎに小樽赤岩峠の駐車場に到着。すでに、5~6台の車が来ていました。駐車場で準備をして、まず東エリア、ピナクルリッジに向かいました。4P目の終了点あたりから徒歩で下降して、取り付きのあたりに着きました。

1P 3級  2P 5級  3P 2級  4P 4級

石井さんがリード、ということで始まる予定でしたが、1P目、どう見ても3級には見えないのです。変だ・・・二人で老眼鏡を取り出してトポを見る・・・やはりここ以外には考えられない・・・ということで、よしここ行ってみよう!となりました。

こんなに難しい3級があるんだな~なんて考えながら1P目を終了しました。ここで他のパーティーと合流したのですが、そのパーティーの話から、我々は新規ルートを開拓したことを知りました()。石井さん曰く、「6級くらいかな」ということです。

 ピナクルリッジを終えてテーブルリッジへ移動しました。人気のあるルートのはずですが、この日は誰もいませんでした。強風の中、1P~4Pを石井さんがリード。終了点の大きなテーブルの上で昼食。時々強風(というより爆風)が吹いて、立ち上がると恐ろしいくらいでした。

 

 この後、東のチムニー岩で、3級、4級のルートを鈴木がリード&セカンドのビレーの練習。ありがとうございました。

 

 そして最後はフリールート、44フェイスへ。

まずは「おやすみ」を石井さんがリード。その次に鈴木がリード、しかし2度続けてフォール、腕が既にパンプしておりこれで鈴木は終了しました。石井さんはこの後、ザックからエキチョー(液体チョーク)を取り出してきて、11台のルート二本を軽々RPし、この日はこれで終了しました。

楽しく、そして大変勉強になったクライミングの一日でした。ありがとうございました。                             鈴木