カテゴリー別アーカイブ: 利尻

利尻南陵(4/28〜5/1)

  
                                   
                                                                          

メンバー:Ⅼ石井、出嶋
タイム:
4/28 稚内前泊
4/29 フェリー 稚内06:40~鴛泊08:20
フェリーターミナル8:30-鬼脇林道9:00-ヤムナイ沢-尾根取り付き11:00 1181mC1 14:00
4/30 4:00 C1出発ー10:30P1 11:30P2 13:39バットレス15:30本峰 19:00下山

数年越しの目標であった南陵登攀がようやく実現した。
天気予報の関係で1日送らせての山行だったが、結果的には大成功。天気は非常によかった。テンバ場からのロケーション、眼下に広がる鬼脇の夜景、漁火を灯す漁船、利尻ならではの光景に感動した。ヤムナイ沢の地形は白い恋人の写真通り、どこか異国を感じるような複雑な地形で現実社会とはかけ離れた感覚を常に感じた。核心ポイントはP1.P2の懸垂下降、こちらはピンポイントで下降地点に降りなければならず緊張した。クライミングではバットレスの1,2ピッチ目がおそらく核心だと思う。予定時間を大幅に過ぎて19:00の下山となった。行動時間、体力的にもハードな山行だったが、何より毎度の事ながら石井さんのフィジカル面に感服で恐ろしい還暦おじさんだと改めて感じた山行だった。

2015.5.2-4 利尻山

2015.5.2-4 利尻山
メンバー:石井、渡邉
コースタイム:5/1 1900旭川発~2330稚内着 5/2 0640稚内発フェリー発~0820鴛泊着~0840タクシーで石崎林道~1200C720m引き返 し~1300 BCアフトロマナイ沢砂防ダム
5/3 0500起床~0630BC発~1345三本槍~1615山頂~アフトロマナイ沢下山~1930BC着 5/4 0630起床~0730BC発~0930C650mカメラ発見~1000BC着~1350旭浜よりバス乗 車~1435鴛泊フェリー乗車(礼文島経由)~1740稚内着~5/5の0100旭川着

コメント: 新人を連れての利尻だが、東北稜のみでは物足りないので、西壁左リッジへの継続登攀の計画を立て、お互い訓練を続ける。 しかし、天気は無情なもので風速20m越えの強風予報。入山した5/2日は風速20m超えで、テン場に予定したC1003mでのテント設営は無理だった。雪洞を掘る向きから風が吹いているし、反対側は雪が少ない。C720mで諦め、今日中に稚内へ渡ることを相談していたが、せっかく利尻に来たのだからと1泊することに変更。C1とした。 3日5時に起床、スマホで天気予報を確認したところ、風が弱まっているので、東北稜を登れると判断。 C1をBCとして荷を軽くして出発。11時頃には無風となる。東北稜を終え、北峰到着、南峰基部へ20mラッペルしてからアフトロマイナイ川(沢)を下ることにしてBCに戻る。スマホの情報使え助かった。(石井)

「利尻山の東北稜はカミホロの北西稜と同じくらい」と誰が言ったか忘れたが、そんな囁きを鵜呑みにし(後に大嘘と判る)、そうならば私でも行ける、そして西壁左リッジ継続だ!と意気揚々と出港。 しかし、GW全日程強風予報。 5/2 港からタクシーで石崎へ、倒木のためタクシーは林道途中まで。砂防ダムを横切りヤブ漕ぎ突入。C750mまで歩いたが、突風。西から利尻山を巻き込むように灰色の雲が湧いている。それ以上先へは進めず、せっかく来たんだから砂防ダムで一泊してから翌朝のフェリーで帰りますか、ということで東北稜~西壁左リッジ継続はあっさり断念。ダムに戻り、テント設営。ブロックを積むも風で倒れてしまい、2重にブロックを積み直す。 5/3朝食を食べながらフェリーの時間を確認しつつ、スマホで念のため天気予報を見たら本日風速17m。石井L「昨日より弱くなってるからイケル!」。テントは張りっぱなしにして、急遽日帰りで東北稜~ピーク~東稜下山することになった。(渡邉の内心:利尻山の17mってヤバくないですか…??) 1・5時間程のヤブ漕ぎ(渡邉ここでデジカメ落とす)後、尾根が狭くなってくる。無風状態。私の東北稜の核心は「門」ではなく、「ナイフリッジ」だと行く前から予感していたが、案の定、しっかり確保されフォローで登る「門」は問題なくクリアしたものの、ロープなしで痩せ尾根を歩いたり、急斜面をトラバースする場面では毎回時間がかかってしまう。後半は細い場所しかなかったから、萎えまくってる私を歩かせる石井Lの方が気が遠くなったはずだろう。 16:15無事に強風が吹くピーク到着。ピークから東稜の(私にとっての)痩せ尾根が見えたときは、あそこをヘッドランプで下りるなんて一体何時間かかるんだろう…とピークに立てた嬉しさよりも先に下山の不安で一杯になってしまった。南峰コルへの20m懸垂下降。 渡邉「尾根じゃなくアフトロマナイ沢を下りれませんか?」石井L「この時間なら落石も少ないし、そっちの方が早いかも」ということで沢下山決定。 バックステップで東稜雪壁を200m位下り、斜度が少し緩くなってからはアフトロマナイ沢を歩いて高度差1200mをザクザクと一気に下りる。これほどスケールの大きな沢を歩いて下りるのは利尻ならでは?下りても下りてもまだまだある。ヘッデンを点けて小雨に降られながら19時半BC着。強風予報だったにも関わらず、山頂以外では風にはあたらず、景色も見えていて本当にラッキーだった。
5/4 晴れ。昨日、歩き始めてすぐヤブ漕ぎ中にデジカメを紛失したので、GPSの軌跡を頼りに2時間程捜索。ハイマツに引っかかっていたのを石井Lが見つけ出してくれた、さすが!アフトロマナイ沢で記念撮影をして下山。バスで港へ。フェリーの中から利尻山を振り返ると、大きな切り立った西壁が見え、鳥肌が立った。稚内は雨だった。 利尻山は冬に全装備での登攀や利尻を想定しての訓練を積んで、しっかり力をつけてから行くべきところであって、少しの甘えも許してくれない厳しい山だと思った。 西壁左リッジは断念したものの無事に東北稜から晴れの利尻山に立てたのに、清々しさがないのは石井Lに迷惑をかけ過ぎたせいで、本当に不甲斐なく、私なりに準備してきたことが全く発揮されない悔しい山行になった。今回の苦い経験を無駄にせず、ゼロからの気持ちで今後に活かしていきたい。また装備も、もっとコンパクト・軽量化できるよう、防寒具を削る等徐々に実践していきたい。 そして、次こそはピークを詰めた喜びを、今回の分まで噛みしめたい。
石井L、全てにおいてお世話になり、ありがとうございました。(渡邉あ)

砂防ダム                           C720m初日引き返した地点 DSCN7687DSCN7710
雪稜のナイフリッジらしい          東北稜ローソク岩
01752a35052e7efa9a125a0e3224083ad0154fb35a01737e6d35e514b2eadd05d8b6d9214e5ea705b0fb
利尻山北峰祠                        アフトロマナイ川を下山 01067dbe24f330026256fcd05eacf1432f98c659d3011d76cd88f18f6a5ae7a228423c74c3592aa9ccb6
BCに戻る                           振り返る利尻東面
013c4cd8b741967400506aafbea95301f4ff8d16c401fa4f9dbc5ebcd952f629592951124b52498b17ad
旭浜バス停                           鴛泊フェリーターミナル  DSCN7744 DSCN7679

2015.3.29-30 利尻山

2015.3.29-30 利尻山
メンバー 大城、他1名
コースタイム
29日9:00野営場 10:41 CO591 11:56 CO950 13:21夏道合流1168
13:59長官山 1222 14:12利尻小屋着
30日3:10小屋発 5:00山頂(1時間半休憩) 7:30小屋着(1時間20分休憩)
9:40 1250ピークより北斜面を滑降10:00 761ピーク下にて30分休憩
登り返し2本滑降 12:50下山開始 13:10野営場着

積雪期トムラウシ、斜里、利尻の三山の登頂めざしていた自分にとって最後の利尻。
当初28-29日の予定だったが、29日の午前中の天気が微妙なため29-30日に変更した。
例年より早く野営場まで除雪がはいっていたため前日に泊まっていたレラモシリさんに送迎してもらう。視界はあり、風は6mほどある。モービル跡を使い左に夏道尾根をみながら進む。風はあるも気温はそれほど低くはないためインナー一枚で歩くも汗がでる。
今回は二人で水2Lを持ってきた。テルモスにも1L入ってるが、お湯を飲む気にはならない。10:41長官山の西斜面の沢底に到着。しっかり雪が沈んでいる。雪崩の可能性が低いのでそのまま西斜面に向かう。950mくらいから斜度が出てくるのでシーアイゼンを装着。
雪質は表面が湿っていてシーアイゼンがかみにくい。TLTのシーアイゼンはクライミングサポートを使うとちっとも刃が効かない。多少細工はしてるが緩んだ雪には使いもんにならなかった。お陰で何度も滑り落ち夏道尾根に合流する頃には疲労が半端ない。相方はボレーという直付けシーアイゼン。どんな雪にも最強で羨ましかったので帰ったら私も絶対ボレーにすると決める。尾根に出る前からホワイトアウト状態で尾根に乗ると風速20m。
一歩足をだすと飛ばされそうになる。利尻のガイドさんから長官山付近は風が集まるところ。予想で6mとなっていたら必ず20mになるといっていた。まさにそのとおりで強風、視界不良の状況。利尻小屋まではあと少し。撤退も考えたが小屋まで行けばなんとかなる。天気も好天する予報。尾根も細くなりスキーでは風に耐えられず、ツボで尾根を進む。長官山を超え、尾根の東側は風が弱まったのでスキーを装着し小屋に向かう。ホワイトアウトしているのでコンパスを切っていくと小屋に到着できた。とりあえず安心。
小屋の二階から入り、テントを設営。16:00より宴開始。今夜はかつおのたたき、石川県のソウルフードの鶏野菜味噌鍋どちらも美味しくお酒も進みます。
外に出ると風はつよいものの視界良好!!!きたーーーーー!!思わずガッツポーズ。
利尻山頂はまだ雲のなかだけど。。。とりあえず撮影会をし、日の入りまでブルーチーズ、チョコを肴にワインで二次会。17:45外に出ると夕日に染まった絶景が待っていた。風も弱まってきており胸がおどる。強風に耐えてよかった、この景色に出会えた。
撮影も終え19:00就寝。
翌朝1時起床、外は大快晴!!月に照らされた利尻岳は美しく、満天の星空。月あかりが海を照らし島の端っこには灯が見える。夢みたいだった。地球は本当に美しい。
撮影を終え、味噌煮込みうどんと伊予柑をお腹にいれヘッドランプを装着し3時すぎ小屋を出発!!アイゼン、ピッケルで山頂を目指す。雪はカリカリではなく時々踏み抜く。
風がほぼなくインナー一枚でもまた汗が。。。ほぼ夏道に沿ってあがる。1500m付近から風が出てきてジャケットを羽織る。途中のトラバースはドキドキしたが、しっかりピッケルが刺さるから安心。気づいたら空が明るくなっていた。雲海がみえる。
二時間で山頂についた。山頂標識あるのかと思ったら雪の中。夏にきたことないからよくわかんないし、諦めた。山頂からはローソク岩、1721ピークが迎えてくれる。5:15日が昇ってきた!!念願のご来光。。紅く染まった雲海、ローソク岩に灯が灯る。裏には影利尻。
撮影会は1時間以上かかり美しい景色を見ながらのカフェオレはたまらない味だった。
なごり惜しい山頂には別れを告げ下山開始。バックステップを使い問題なくトラバースも通過。小屋には1時間で到着。あまりにも天気がよいのでテントを回収後、外で朝ごはんの残りを豚汁にして頂く。下山したくなくなる。。。も食料も乏しいので下山。シールで1250ピークまで進む。昨日はここでかなり苦戦していたことを思い出す。1250ピークより北斜面を滑降。硬い雪で重たいザック、ゆっくり降りるしかできないため、滑降というか、ほぼ下山。。。10:00に761ポコ下にて利尻のガイドさんと出合い、時間あるし滑ったら??との声に誘惑され、1250ピークより北西に伸びている尾根を登り返しして2本楽しみました!!いい感じのふぃるむくらすとに大興奮!!!最高の青空に自分たちのシュプール!!
さすがに3本目に行く力なく、12:50下山開始。ここも素晴らしい雪で楽しいパイプランを味わう。13:10野営場に着く。レラモシリさんに荷物をとりにいくも途中雪がきれていてスキーをもちながら歩く。今シーズン最高の旅だった。思った以上に利尻はちかいし、斜面も沢山あるから毎年滑りにいきたいなと思います。        記 大城  IMGP0893 IMGP0899 IMGP0902 IMGP0936 IMGP0955 IMGP0967 IMGP0973 IMGP0992 IMGP0995 IMGP1026 IMGP1039 IMGP1051 IMGP1052 IMGP1060 IMGP1065 IMGP1066 IMGP1086 IMGP1097 IMGP1114 IMGP1117 IMGP1148 IMGP1151 IMGP1172 IMGP1180 IMGP1192 IMGP1203 IMGP1204 IMGP1208 IMGP1215