カテゴリー別アーカイブ: ニセコ周辺

ニセコ連山 2018.7.14-16

▲ニセコ連山
中嶋・単独
7/14
五色温泉 7:40〜ニトヌプリ〜チセヌプリ〜シャクナゲ岳〜新見峠登山口 14:30
1名
駐車場は10台ほど。
イワオヌプリ往復パーティと一緒にイソツツジ、アカモノ群落の登山口スタート。
主役はエゾカンゾウ。
予想外の日差しと暑さに苦しみましたが、山容がしっかり確認できた。
7/16
新見峠登山口 6:30〜目国内岳〜雷電山〜朝日温泉〜雷電温泉 15:30
霧のなかスタートも、稜線は快晴。
拝めなかった羊蹄が遠くに。
廃道間近かと思った雷電山から朝日温泉間は、歩ける道でした。
五つ沼〜雷電〜前雷電の稜線のエゾカンゾウのオレンジが緑に映えていた。
岩内分岐まで、終始、蚊につきまとわれる修行山行にもなりました。

羊蹄山 2017.9.17

谷岡 他1名
コースタイム
6:30(比羅夫登山口)ー8:30(5合目)-10:35(9合目)強風のため撤退ー14:30下山

一度は登っておきたい羊蹄山に東京の知人と挑戦した。
朝、羊蹄山の山頂はガスに覆われていたものの周囲は快晴に恵まれ登山を開始、これは絶好の登山日和か?と思われたが標高が徐々にあがるにしたがって風が出てきた。
山頂にある避難小屋に宿泊したすれ違った登山者は山頂付近は強風で、自分は岩場を這って下山したという、気温の変わり目でもありまあ、そのうち風も穏やかになるだろうと思われたがその気配なし、9合目まで登り途中抜かれたトレランの若者たちが、「まずいっす、まずいっす」と下山してきた。もう、少し歩を進め森林限界を超え、稜線に近づくとガスをまとう風速10m以上の向い風、恐らくこの先はもっと厳しいだろうと判断してここで撤退を決断し下山した。台風は西日本にいたと思うがその威力は強く標高1900m付近は風速20m以上の風が吹いていた模様。羊蹄山の山頂はまた次回のお楽しみとなってしまった。残念。

比羅夫登山口

 

 

倶知安の街を望む 

 

9合目付近風が強い

羊蹄山、最後までガスが取れず。。

羊蹄山 2015.4/4~5

羊蹄山 2015/4/4-5
CL石井、音尾、大屋、渡邉あ

4/4 0800京極山荘集合 0900墓地の沢入口 1430外輪山 1520山頂 1550外輪山 1800下山
4/5 0830京極山荘出発 0930 C660 1000下山

計画では初日に京極コース、二日目に墓地の沢コースから登る予定だったが、大屋さん情報により二日目の墓地の沢(南側)が強風予報だったため、初日に墓地の沢、二日目に京極コースから登ることに現地で変更した。

荷物を札幌山の会の京極山荘に置かせてもらい、一路墓地の沢へ。
京極町は若干風があったが、墓地の沢は無風。これは一日天気が持ちそうだ、と抜けるような青空と白くて大きな羊蹄山を正面に見上げる。墓地の沢の左側の尾根を使い上がっていく。暑くてアウターの上下を脱ぐが、太陽と照り返しでジリジリ焼かれるように暑く玉の汗が流れる。水の残量が気になり始め、途中から雪を貪り食べだす。つづら折りを何十回と繰り返し、じっくりと高度を上げていく。
後ろを振り返ると有珠山、洞爺湖、昆布岳など見えるが、集中力は早いうちに切れ、段々飽きてきて体がムズムズしてくる。だからと言ってこれからまだまだ続く道のりを考えると直登するほど元気でもない。延々と続く変わらない景色に無言で歩くことも辛くなり、世間話をしながらダラダラ歩く。雪はザラメと所々フィルムクラスト。
標高1800m辺りで風が出始め、雪固くなってきたため、シートラして外輪山まで直登する。振り返り、音尾さんを探すとだいぶ下をスキーで上がってきているのが見えた。
外輪山に出ると強風。最初はお釜の中を滑る予定だったが、時間が押し気味&アイスバーンのためお釜滑走を諦め、ザックを置いてアイゼンを履き音尾さん以外の三人がピークを目指す。15:20着。360℃の大展望、京極山荘も見えた。ザックデポ場所へ戻ると、音尾さんが待っていた。がっちり握手。音尾さんは参加したことを後悔したと笑っていたが、ゆっくりと、でもしっかり、ここまで上がってきてくれて、全員とても驚いていたし、とても感動し、その頑張りは素敵だった。本当に、本当に、お疲れ様です。
頂上から滑走予定だったが、直下は急斜面のアイスバーンでとても滑る気にはならず音尾さんと渡邉はアイゼンで少し下り、石井さんと大屋さんはスキーで頂上から滑った。
石井さんはアイスバーンもなんのその、強靭なパラレルターンで楽しそうに滑っているが、他三名は大変苦労。1800m辺りで全員スキー装着したが、ザラメ雪だったのが日が陰りだし硬くなり始めている。渡邉はアイスバーンが恐ろしく自分史上最大屈曲ヘッピリ腰で尾根から尾根へ真横へ突っ切る。重心が上手くかけれず、自然に猛スピードとなり尚更怖い。真横に滑るため、高度も落とせない。同じような高度をウロウロし、羊蹄山の広いバーンに無駄なトレースが刻まれる。下から見上げていた石井さんは「あいつは降りてこないで一体何をやっているんだ」と呆れていたに違いない。腰も足も痛く、一時放心状態となる。
夕焼けが斜面を強く照らし出し、日暮れが近くなる。「あ~あ、今日も恒例のヘッドランプで下山か~。でももう慣れたし、ま・いっか」と腹もすわってくる。これも経験として糧になっているのか?
尾根から尾根を真横に突っ切るため、必然的に他の三人は見えないであろう感動するほど広いバーンをあちこちに発見する。あんな広いバーンがこっちにもあっちにも!羊蹄山すごい!滑りたいけど、下手すぎて滑れない!!次回だ次回!!と真横滑走も想定外の報酬があった、と無理矢理いい方に解釈する。標高1000m位からは雪も緩み、フィルムクラストと半ザラメとなり、滑りやすくなった。スキーが上手な人には羊蹄山は天国だと思った。
疲れ切り墓地を超えて、駐車場着。太陽は沈み、ぽっかりと満月が浮かんでいた。なんとかヘッドランプは付けずに終わった。疲労の色は濃いが、全員で外輪山まで行け、一日羊蹄山を満喫した。
19時、京極山荘に戻り石井さんの帯広名物・味噌ホルモンのお鍋と音尾さんお手製の行者にんにく漬けを頂く。途中何度か外へ行き、皆既月食を見る。なんと贅沢な一夜だ。札幌山の会の方々+犬一匹と山の色々なお話を交わし親睦を深め22時就寝。皆さんいい方で、お世話になりました。

4/5 6時半起床。
音尾さんが昨夜まで、今日は温泉で待っていると行っていたのに、山に行く準備をしている。すごい!!8時京極山荘出発。出発早々、風が強く、羊蹄山が灰色雲に隠れてしまう。660m付近まで行くが、雪がウィンドクラスとしており、これ以上いっても滑るのも大変そうなので、本日はここまで。思い思いに滑走し、山荘へ戻る。温泉に入り、お蕎麦を食べて解散。音尾さんのジェットコースターのような運転で16時旭川着。
——

ピークハントを目指して参加させてもらいました。
代わり映えのない緊張感のない同じ景色を見ながら、長い道のり、ただピークを目指すことに心底堪えました。
持久力もまだまだ足りていません。一人だったら多分途中で下りていたと思います。
アイスバーンを滑る技術もなく、登りも下りも苦労し、かなり甘く見ていた羊蹄山。
これで終わらせちゃいけないと思う。スキーを上達してまた来なければ。
音尾さん、今度はパウダーの時期に来ましょうね!
お世話になったみなさん、ありがとうございました。
(渡邉あ)

リベンジを果たし羊のピークに立つ。
音尾さんの頑張りに敬服した山行だった。
音尾さん、また来期も一緒に行きたいです。
(石井)

【4月4日】
1 2

3 3-1

3-2 4

5 6

7 8

9 10

11-1 12

13 14

15 16

【4月5日】
17 18

羊蹄山 2015.2.28-3.1

羊蹄山~京極ルート
2015.2.28-3.1
メンバー L石井、音尾、芳澤
1日目 タイム
10:30 京極山荘→12:24 c1150m 12:42→13:31 山荘
京極登山口の50mほど南に京極山荘への入口がある。車が縦に2台のスペース。そこからスキーで山に
向かって150mほど行くと赤い屋根の山荘が立っている。電気、水道、ガス、電子レンヂ、布団完備である。
羊蹄はスッポリとキノコ雲を被り、ちょうど森林限界あたりから上は見えない。山荘からほぼ真西に進むと
トレースにあたり、これを使う。c850を過ぎると徐々に尾根も狭まってくる。スキーシューの若者が下降に
苦労していた。c900から急に痩せ尾根になってくると視界も悪くなってくる。今日は山頂狙いではないので
、沢への落ち込みが緩やかになるc1150から左の沢へと滑り込む。重パウにややてこずりながらもそれぞ
れ楽しんだ。c1000で尾根上に復帰し、そこからは緩~中斜面のツリーランを楽しんだ。
少しの汗とストーブの煙の逆流でスッカリ燻された体を京極温泉でスッキリさせる。温泉から出てくると雲が
とれた羊蹄に明日へのピークハント意欲が湧いてくる。がそのまえにビールを買い込み、再びスキーをつ
けて、山荘へと緩く登る。山荘の大きな窓に全身を現した羊蹄と石井さんのお手製キムチ鍋を肴に宴が始
まる。ビール6缶、焼酎、ウイスキーと完売していく。いつしかLは俯いて揺れていた。22時頃、明日の登頂
を胸に…眠りについた。                                              Y澤
DSCN3162 DSCN3163P2280008 P2280010P2280029 P2280011 P2280013 DSCN3166 P2280014 DSCN3170 DSCN3171 P2280027 DSCN3172 DSCN3176DSCN3191 DSCN3199P2280030 P2280032 P2280036 P2280038P2280040 P2280042

2日目 タイム
7:50 山荘→9:33 c1030m 9:51→10:41 山荘
未明、寒くて目が覚める。布団を敷かず畳に直に寝たせいか…ストーブもなんだか元気がない。カーテン
のない窓には羊蹄がクッキリ! 寝起きの”ラ王”旨し! なんだかんだと手間取り、出発は7:50
朝のうち、見えていた羊蹄も徐々に雲に覆われだす。無風での歩き始めも傾斜が出てくると風も出てくる。
予報では午前中は大丈夫のはずであったが、どうも悪化が早まったようだ。左からの風がなかなか強い。
それも徐々に吹き下ろしとなったりと風向きも変化する。900の痩せ尾根にくると一段と強くなる。満を持し
てのピークハントであったが、c1030強風、視界不良のため撤退とした…シールとチートシートが風に激し
く靡いていた。単独の若者がさらに上部へと上がっていった。彼の話によると深夜0時に登り始め、5時に
登頂して下山してきた人がいたとのこと。そう聞くとなおさら残念であったが、再び左の沢へ。今日はc830
までふりこ状の沢を滑降した。山荘の掃除をして、11:30には現地解散した。思い出深い羊デビューとな
った。                                                         Y澤

ピーク踏めなかったので、5月までにリベンジしようかな? (石井)

DSCN3204 P3010052DSCN3207 P3010054 P3010056 P3010057  DSCN3210 DSCN3211 DSCN3219 DSCN3243DSCN3238 羊蹄山log

 

ニセコ縦走 2014.10/10-11

ニセコ縦走 2014.10/10-11

メンバー
L小林悟、丸子耕二、音尾瑛一、近藤照衣

タイム
10/10(土)
五色温泉8:00~ニトヌプリ(1080m)9:20~ニセコパノラマライン駐車場(832m)10:00~チセヌプリ(1134m)11:05~シャクナゲ岳(1074m)12:35~白樺山(959m)14:45~新見峠(747m)15:30~新見温泉16:00

10/11(日)
新見峠8:30~前目国内(980m)9:00~目国内岳(980m)10:05~パンケ沼(11:20~12:20)~岩内雷電分岐12:50~幌別岳(1174m)13:43~雷電岳(1211m)14:20~岩内雷電分岐15:43~岩内岳(1085m)16:10~岩内スキー場下山18:30

ニセコの紅葉と温泉、宴会という小林さんの言葉に心が動かされたメンバーが、ニセコの縦走に参加した。天気に恵まれ、振り返るたび羊蹄山がみられる縦走コースを楽しんだ。
1日目のニトヌプリ、チセヌプリ、白樺岳はけっこうアップダウンが続いた。一目の宿泊先新見温泉の露天風呂からは目国内岳が見られる。混浴だが、私は誰もいないお風呂で月明かりと星空を満喫した。

2日目も快晴。ポカポカ陽気に縦走路の近くの沼で昼から宴会、、、、気をとりなおし雷電山にもよることに決めたのがお昼過ぎ。中年4人組エンジンをかけていってきたが、岩内岳を下りおえたのは、真暗な6時半だった。岩内温泉につかった後、反省会かねて小林さんの奥さんの手料理で大宴会。

3日目、五色温泉に車の回収がてらまた温泉につかってきた。雪の季節ま た新見温泉に泊まりながら縦走できないか相談中。みんなでいきましょう。
記 近藤照衣  写真 音尾

20141011_0749PA110010 20141011_0757PA110014 20141011_0758PA110015 20141011_0806PA110018 20141011_0807PA110020 20141011_0808PA110021 20141011_0817PA110023 20141011_0835PA110030 20141011_0837PA110031 20141011_0839PA110032 20141011_0841PA110033 20141011_0849PA110035 20141011_0905PA110037 20141011_0906PA110038 20141011_0917PA110040 20141011_0922PA110042 20141011_0922PA110043 20141011_0928PA110044 20141011_0928PA110045 20141011_0929PA110047 20141011_0945PA110049 20141011_0956PA110052 20141011_1001PA110055 20141011_1001PA110056 20141011_1001PA110057 20141011_1003PA110058 20141011_1004PA110060 20141011_1004PA110061 20141011_1039PA110066 20141011_1039PA110067 20141011_1040PA110068 20141011_1040PA110069 20141011_1100PA110071 20141011_1109PA110072 20141011_1110PA110073 20141011_1111PA110075 20141011_1113PA110076 20141011_1118PA110077 20141011_1125PA110078 20141011_1126PA110079 20141011_1130PA110082 20141011_1153PA110085 20141011_1201PA110086 20141011_1202PA110087 20141011_1223PA110088 20141011_1225PA110089 20141011_1225PA110090 20141011_1235PA110093 20141011_1235PA110094 20141011_1237PA110095 20141011_1242PA110096 20141011_1242PA110097 20141011_1245PA110099 20141011_1246PA110100 20141011_1248PA110102 20141011_1253PA110104 20141011_1254PA110105 20141011_1300PA110107 20141011_1308PA110109 20141011_1311PA110110 20141011_1314PA110111 20141011_1329PA110113 20141011_1335PA110115 20141011_1339PA110116 20141011_1347PA110117 20141011_1443PA110119 20141011_1443PA110120 20141011_1449PA110121 20141011_1450PA110123 20141011_1528PA110125 20141011_1534PA110127 20141011_1601PA110129 20141011_1743PA110130 20141012_0753PA120133 20141012_0811PA120134 20141012_0817PA120135 20141012_0817PA120136 20141012_0817PA120137 20141012_0819PA120138 20141012_0821PA120139 20141012_0836PA120140 20141012_0844PA120141 20141012_0851PA120142 20141012_0901PA120144 20141012_0903PA120146 20141012_0906PA120147 20141012_0907PA120148 20141012_0911PA120149 20141012_0914PA120150 20141012_0921PA120151 20141012_0926PA120152 20141012_0934PA120153 20141012_0944PA120154 20141012_0954PA120155 20141012_1001PA120156 20141012_1004PA120157 20141012_1005PA120158 20141012_1005PA120159 20141012_1005PA120160 20141012_1005PA120161 20141012_1006PA120162 20141012_1008PA120163 20141012_1014PA120164 20141012_1018PA120165 20141012_1031PA120166 20141012_1040PA120168 20141012_1113PA120169 20141012_1119PA120170 20141012_1211PA120171 20141012_1230PA120172 20141012_1235PA120174 20141012_1241PA120175 20141012_1245PA120176 20141012_1246PA120177 20141012_1314PA120179 20141012_1320PA120180 20141012_1338PA120181 20141012_1340PA120183 20141012_1345PA120184 20141012_1401PA120186 20141012_1402PA120187 20141012_1413PA120188 20141012_1418PA120190 20141012_1422PA120191 20141012_1424PA120194 20141012_1425PA120195 20141012_1433PA120196 20141012_1501PA120198 20141012_1519PA120199 20141012_1522PA120200 20141012_1523PA120201 20141012_1554PA120203 20141012_1610PA120204 20141012_1610PA120206 20141012_1613PA120208