カテゴリー別アーカイブ: 道南

SW道南ツアー 2016.9.24-25

メンバー 芳澤、林、丸子

2016.9.24(土)
長万部岳(972.6m)
タイム
10:19 ゲート前P→11:49 鉱山跡 11:54→12:53 山頂→13:07 北の肩直下(c960)  13:53→14:55 鉱山跡 15:06→16:45 車

当初4日間(4山)で八雲方面まで含めた計画をしていたが、中日の悪天のためグッと凝縮して再計画。初日は移動にかかるので、短時間で登れる夏道の山。台風の傷跡がなまなましく、激しい倒木。歩き出して間もなく女性2人パーティーが通過できなかったと戻ってきた。しばらくは林道、作業道…5合目で旧鉱山跡、正面に目指す長万部岳を望むことができる。ここからやっと登山道らしくなる。9合目を過ぎると遠景がよく、一気に北の肩へ上がる。日本海と太平洋が同時に見渡せる。北海道の中でも一番細くくびれているところであり、25km程度しかない。山頂には立派な看板があるが、見通しは北の肩の方が良いようだ。しばしノンビリとし、下山開始。手作業で倒木処理をしながら下降する。登山よりもこちらで汗をかいた…
今宵の宿は二股ラヂウム温泉。オヤジ達の宴は疲れを知らない…

2016.9.25(日)
黒松内岳(740m)
/黒松内川ぶな滝沢285左股~夏道下降
タイム
8:53 登山口P→9:32 c285二股 9:44→12:18 稜線c730→12:26 750最高点→12:36 山頂 13:02→14:01 登山口

南側の裾野の流れる黒松内川から同岳に向かって顕著な4本の沢がある。G本には、この4本の内、ぶな滝沢左股が一番エキサイティングとある。というわけでこの1本をチョイス。路上からは眼下に小滝が見える。これが沢名由来の『ぶな滝』のようだ。左岸上流から入渓し、すぐに越える。またすぐに『くの字』の滝。休む間もなく、次々と小滝が現れる。285を左に入ると間もなく、この沢最大の15mに出合う。右岸から巻き上がる、途中からすぐ上にももう一つあるのが見え、まとめて巻いた。その後も小滝は続き、いくつあったかわからない。530~40あたりで比較的大きなのを越える。さすが終わったかと思いきや、涸れた10m。やがてヤブ被り、トンネルとなるも巻かなければならない小壁がでてきたりする。視界が開けると岩場であり、その上が頂稜である。やさしい岩登りと若干のヤブで稜線にのる。まずは左の750最高点へ…引き返して740山頂に立つ。そこにはお久しぶりの知り合いパーティー…
とても秋の沢とは思えない暑さにぬるいコーラが美味かった。山頂からの夏道下降は案外急で200m一気に下る。540平坦部から振り返ると標高の割には随分と貫禄のあるよい山である。あっという間に1時間で車。こんな時間から単独の若者が二人登っていった…次は重滝沢だな!
黒松内温泉ぶなの森で汗を流し、中山峠へと向かう。旅の締めくくりは、峠から夕陽と逆光の羊蹄山。

長万部岳
ゲート この右手前にPスペースがある               樹間から長万部岳
P9240002 P9240003
旧鉱山跡 良い展望台である                      傾いたベンチと長万部岳
P9240004 P9240008
三等三角点『長万部岳』                           立派な山頂標識
P9240009 P9240010
カニカン岳                                       黒松内岳
P9240012 P9240014
太平洋                                         大平山
P9240015 P9240016
丸山・二股山方面                                右奥に昆布岳。左の雲の中に羊蹄山
P9240018 P9240021

ぶな滝沢左股~黒松内岳
路上からすぐにこの沢の由来の『ぶな滝』が見える  くの字の滝
P9250024 P9250027
次々と小滝が続く                       黒い岩盤が主体の沢床だ
P9250029 P9250031
どんどん越えていく              この沢最大の15m。左から巻いたP9250035 P9250036
巻終えて見下ろすとゴルジュ                釜持ちもある
P9250037      P9250038
滑滝
P9250040 P9250041
ときおり粘土色のペロンとした岩盤が現れる
P9250042 P9250043
流れが細くなっても小滝は続く               CSの滝
P9250044 P9250045
終盤の比較的大きな滝                   涸れ滝
P9250048          P9250049
詰めの岩                            750最高点から長万部岳
P9250050 P9250051
日本海(寿都)                         暑い暑い
P9250052 P9250055
標高の割に存在感のある山容               旅の締めくくり。サンセット羊蹄
P9250061 P9250068
黒松内岳log

狩場山 2016.8.19

千走川本流~狩場山(1520.2m)
2016.8.19(金)
メンバー 芳澤、他1
タイム
8:17 登山口P→8:22 690入渓→9:19 765、F4CS→11:02 1070四つ股→11:34 1180、真駒内C出合 11:44→12:07 新道出合→12:58 狩場山 13:28→14:07 登山道分岐→15:37 P
/千走川遡行 3:12 山頂まで 1:14 新道下降 2:09

大雨の隙間をついて道南へ。6年振りの狩場。前回は南東面直登沢…事故で撤退。いわばリベンジである。道南はさほど雨の影響は受けていないようだ。林道もしっかりしているし、特に増水している様子もない。駐車スペースからすぐに登山口、そして橋。上から覗くと滑と釜が見える。左岸上流側の袂から下降。ここの釜は傾斜が全然ないのにやたらと深い。そしてデカイ。5分も歩くとF1、二条の左の流れから上がる。すぐにゴルジュ様の回廊を泳いでF2にとりつく。手がかりも多く、簡単に上がる。そしてまたすぐに泳いで狭い小滝にとりつく。左岸はかぶっていてヤカン状にへこんでいる。右岸は苔付のスラブ。足場がなくどうしても持ち上がらない。結局戻って右岸から巻いた。さらにすぐに次も泳いで…狭い中を上がる。入渓して1時間弱、チョックストーン(CS)の滝、左岸から巻く。ゴルジュ地形の終了とともに核心部は終わってしまう。ここからの1時間半はやや飽きる。1070で四つ股(正確にはごく至近距離で二股3連続である)を右から2番目に入る。あともう少しのところで左に進んでしまい、ヤブ漕ぎとなる。失敗↓ 1080で真駒内Cに当てる。新道分岐までの間に羆の糞3ヶ所。この道は人より羆に使われているようだ。1時間強の登山道歩きがとてつもなく長く感じた。南狩場の急登を終えると視界は開け、親沼、小沼なども現れ、稜線散歩となる。親沼ではとても綺麗なトンボに出合った。帰宅後調べるとオオルリボシヤンマと判明。東狩場への道を右に分けると赤い小さな鳥居が目に入る。その奥に山頂標識と一等三角点が埋まっている。山頂から見えた奥尻島、渡島大島が特に印象的であった。下りは相変わらず膝が痛く、一向にペースが上がらない↓ 少し休もう。     Y澤

0 1
日本海に浮かぶ狩場山塊                 新道登山口
0                     2
登山口脇の橋の上から                   橋の上流側の袂から入渓。滑
3                    4
すぐに滑&プール                               F1
5 (2) 1
F1 左の流れから                      F2 手前はゴルジュ様
2 4
F2 泳いで取り付き…                                              右から抜ける。上に2mのがもう1段
5 1
傾斜がない割にどれも深い                 F3 やはり泳いで取り付く
2                      1         
スタンスがなく、持ち上がらない。                                次も泳ぐ
2         2
中を行く                             F4 CS 上から。左岸から。ここでゴルジュは終わる         5         6
ジグザグの滝                         柱状節理を横にしたような段差が続く                            2 101
お花畑の源頭                         登山道分岐
102 103
左奥に狩場山。右手前に南狩場              南狩場                             107  109-1
4頭(匹)で群れ飛ぶ オオルリボシヤンマ(親沼)   一等三角点『狩場山』
112 113
右奥に羊蹄山                         右奥に奥尻島

2016.5.9 狩場山

2016.5.9 狩場山
メンバー L大城、双樹
コースタイム 4:15除雪最終地点C450 5:45 林道最終地点 C590 9:00 山頂 14:00除雪最終地点着
3連休を手に入れたものの風が強く、一番弱いところを狙い道南の狩場山を目指すことにした。2年前にいったことはあるが6月では雪が足りなく、ハイクに難儀したので5月にリベンジを果たすことができるのか。いざスタート地点であるキャンプ場を目指すも2キロ手前で積雪により車を停めることとなる。さすが豪雪地帯。東狩場山に夕陽が沈むのを見ながらお酒を飲む。5時から飲んでるとついつい飲みすぎてどう寝たのか記憶がない。翌朝3時起床、頭が痛い。昨日の赤ワインが悔やまれる。朝ごはんはなぜかとんこつラーメン。なぜこんなものを選んだのか、、、無理やり飲み込み4時15分出発。昨日までと違い、風が弱い。昨日は出発して5分で強風のため撤退したので俄然テンションが上がる。何回かスキーを脱がなくてはいけなくなるかと思いきや、キャンプ場までさほど苦労はしなかった。
P5090025
キャンプ場もまぁまぁ雪が残っている。
しかも朝一で大変涼しく、快適な林道歩きだ。1時間半ほど歩くと取り付きが見えてきた。
P5090033
雪の状態も怪しいのでスキーアイゼンを装着して尾根に取り付き山頂を目指す。しかし、標高をあげるたびに具合が悪くなる。明らかに二日酔い。ひたすら水を飲んでゆっくり足を前に出す。
P5090034
P5090036
朝陽をあびた山々は美しく、昨夜の過ちが体に染みる。
大きなクラックが入っていたり、藪がじゃますることはあったが、前回ほどではないのが救い。
P5090039
斜面を見ながらどこを滑ろうか思案している双樹の背中を追いかけ、
P5090042
稜線にでる。
P5090043
滑るだけならここまでで十分だが、せっかく天気も良いので山頂にも行ってみることにした。山頂からは海がみえ、海側の雪の少なさを感じる。
P5090045
海に近い場所はなんだかんだいっても風は強く、風が当たらない場所で滑走準備をする。東の大斜面を滑走する。
P5090054
雪の状態が最高で思わず、叫んでしまうほどだ。気持ちいいほどテレマークが決まる。350mのロングランは二日酔いも吹き飛ばした。もちろん登り返しを始める。
P5090091
二日酔いで水が足りなく、雪を溶かし水も補給した。また、あの雪を味わいたいと一直線に稜線を目指す。残念ながら雲が出てきてロケーションは下がったもののもう一度ロングライドを味わう。
P5090099
少し雪が腐り、先ほどではないがなかなかの乗り心地。
P5090127
満足いく滑りにC1060あたりのテラスでシュプールをみながらかき氷。
P5090137
今回は器をメロンしてみました。練乳と苺、さくらんぼものせてみました。
P5090143
シロップがいらないほどの絶品。たくさんおかわりして寒くなったのでお湯を飲みました
そこからは沢筋を滑走して
P5090044
P1040308
無事取り付きまでつく。
P5090153
暑くなってきたので少し脱いでC540まで滑って帰る。そして、クロカンの始まり。来るときにあった雪がどんどん溶けている。とてもオーバーパンツを履いてる状態ではないのでタイツ、インナーのみの格好でひたすら平地を進む。
P5090155
キャンプ場からはより雪がなくなっていたので道路脇の雪も使いながらなんとか車に戻れた。
P5090156
地味に林道が楽しかった大城。自分でもちょっと変わってるなと感じたものの、狩場を楽しめた充実感はたまらないものだった。    記  大城

 

2015.7.20 黒松内岳 ぶな滝沢

2015.7.20 黒松内岳(ぶな滝ルート)
メンバー L大城 大屋 他1名
6:00登山口 6:35 C285二股 7:20 C360二股 8:50 C660 源頭
9:20 山頂 休憩(40分) 10:00山頂発 10:10 C600より沢に下降 12:00 C285二股 12:35 登山口
日高や知床の沢に泊まりで行きたいが、食事にどうしても野菜が欲しくて干し野菜を作った。前泊のテント泊では干し野菜を使った鍋をテストしてみたがとても好評。しかも軽量でき、スペースも取らない。これはいける!!と確信を得たのでいつか山でトライしたい。
1
とりあえず、楽しいテント泊をして、登山口から少し奥に行くとぶな滝沢がある。橋の脇から入渓。小滝が迎えてくれる。C285の二股までも小滝がありたのしませてくれる。
2
3
4
大屋さんも果敢に攻める。C285手前の滝では滑にやられ大城がドボン。
5
とっても悔しいから再度トライ!!無事完登する。足のつかい方が悪かったようだ。
6
C285は左に進む。15mの滝がある。
7
直登は不可能かなと思い大城、大屋は左岸より巻く。
K氏はなんと直登!!みてるほうがドキドキした!!
8
その後も滝や滑が連続し、息つく暇すらない。なにより、三者三様の登りが本当に楽しい。
10
体の柔らかさを使ったり、ジャップ力を活かしたり。人のムーブが実に面白い!!木を使ったり、リーチを活かしたムーブはK氏のお陰で本当に助かった。
9
11
何箇所かお助け紐を出してもらった。あと一歩で行けるのに恐怖心がまさり行けなかったり、滑にやられたりと実に面白い沢だ!
徐々に源頭チックになり休憩を入れる。
14
長万部岳がみえ天気も回復傾向だ。
15
13
ヘビ苺がなっていた。山の恵をいただきます。
12

山頂もみえ元気が出てくるも出発したとたんなんだか疲労が。多分シャリバテ・・・?徐々に休憩中に食べたものがエネルギーに変わる。最後は5mの岩盤が出てきて左の沢筋に行きたいとこだが、岩盤をまいて上に出るともう山頂は間近だ!!藪こぎもなく3時間20分で山頂に到着!!
16
標高740だけどそれ以上の価値があった!!休憩中も興奮がさめない。これから降りる沢筋を確認し、出発!!まだ沢を楽しめることが嬉しくて仕方がない!!思わずスピードが出てしまう。
17
夏道はずっとロープが張ってある急斜面。フェルトの靴には堪える。C600あたりから沢筋が見え下降する。
18
徐々に水が出てきてぶな滝沢と合流する。残念ながらこの沢は崩壊しすぎている。滝が倒木と土砂に埋もれていてせっかくの景色が台無しだ。隣の沢とは大違いだ。懸垂をする滝が現れた。立木も笹もなく支点が乏しすぎる。大屋さんが左岸から巻くもどうやら手こずりそうだ。とりあえずボディビレイでK氏が懸垂下降する。左岸の様子を聞くと急斜面で危ないとのこと。滝は垂直ではなく少し段差があるし、高さも10mはない。フリーソロで降りれる自信があったので、大屋さんを懸垂で降ろし、
19
ゆっくりと滝を下降した。第一関門突破!!そしてお次は倒木ジャングルの滝。倒木つたって行けるけど絶対滑るし、さすがに不安。でも倒木だらけで立木は下に流れているのばかり。またしても支点不足。そして大屋さんがこの倒木使ったら??と提案が。試しに通してみると問題はなさそうだ。またK氏で安全か試し異常なく、無事突破!!次は10m以上の滑滝。微妙な階段で降りれるけどさすがに高すぎるし、滑がやらしい感じだ。立木はかなり上にあるがロープが足りない気がする。笹はある。大屋さんがこの切り株は?と言い出し、みると確かに大丈夫そうだ。天然のハーケンのようだった。捨て縄をセット。強度を確認し、一番重いK氏に懸垂で降りてもらう。問題なく、後続する。
20
そのあとは良さそうな釜を見つけては大屋さんをボディビレイで降ろして釜の状態見てもらって、K氏、大城はダイブ!!これたのしくってやめられません。低い滝なら大屋さんもいっしょにダイブ!!C285に合流し最後のウォータースライダーはまた倒木にザイルかけて降りる。
21
温度もあがってきたからじゃぶじゃぶ遊んじゃう!!気づいたら終点。駐車帯に戻る。巻くことがなかったので早く下山できた。
沢は最高。それは仲間がいるからなんだと思った。みんなの長所でみんなの短所をカバー、協力して一緒に沢を楽しむからこんなに楽しい。誰ひとり欠いてもダメだったと思う。一人じゃ克服できないけどみんなとならできる!!自分のやりたいことがまた見つかった気がした。道中で反省会をした。ここはこうしたらいいよね!とか言い合って次回の沢山行までに、各自訓練して、また沢を楽しもうって誓った!!もっともっと強くなってみんなの力になれるように            記 大城

 

北海道アウトドアフェスティバル トレラン

2013.9/21-22 トレランは22日役員で土屋、音尾 会場ルスツ
21日 早く着いたのでルスツ道の駅の公園です
20130921_0855IMG_002720130921_0903IMG_0035
10時 役員会議 コースポイント確認調査へ
20130921_1006IMG_0045
音尾さんは山の上ポイント
P9210029

P9210050P9210054
22日 3時半準備出発
20130922_0351IMG_0073P9220082
本部無線土屋と 70Kmを走る旭川山岳会李家選手、佐藤選手
20130922_0444IMG_007820130922_0454IMG_0086
5時70Kmスタート
20130922_0459IMG_0091
音尾さんのポイントで
P9220092
お疲れ様ゴール
P9220113P9220120
羊蹄山が良く見えてました(音尾)
P9220106

トレラン全体の写真は道岳連HPのページを見てください
http://www.hokkaido-haa.net/kikaku/2013hokkaidofes/2013hokkaidofes_X.html
プログラム コース 参加者 成績は公式ページで
http://hokkaidooutdoorfestival2013.web.fc2.com/index.html
今年は500名弱の参加が有りました
李家さんはファミリーでの参加でした