知床スキー山行 2015.5/2~6

知床スキー山行 2015.5/2~6
L大屋、近藤、他2名

5/2 8:30旭川ー14ウトロー15:30旧知円別小学校C1
5/3 5:00 C1発ー11:20東岳12-13:40 C1(C2)
5/4 10:30知床縦貫道見返り峠ー12:40知西別岳c1070までー14見返り峠ー清里C3
5/5 9:30三井コース鹿柵ー12:30斜里岳玉石沢c1000まで13ー14:45鹿柵ーC3(C4)
5/6 7根北峠ー11南斜里岳c1270まで11:30ー13根北峠ー18旭川

今年の羅臼は雪が多いと聞き、去年行けなかった知床岳、東岳を計画する。知床岳は、セセキ温泉から相泊間の通行止め、取り付く前のカモイウンベ川の橋の流失で断念する。
地図で見ると、東岳は穏やかな斜面が山頂まで続き、スキーの為にあるような山。天気は今一の予報だが、東岳だけでもと期待して出発する。

5/3 ゆっくり上れるよう5時発。下界は霧の中か一面の雲海、知床岳がきれいに見える。取り付きから何とか雪を繋ぎ、緩い斜面をたどった為大回りをしたが、藪こぎもスキーを脱ぐことなく山頂まで。硫黄岳などを眼前に、私以外の3人は縦走した時の話が楽しそう。下りは大回りした沢筋をまっすぐ下り、標高差1500mを滑り降りて全員大満足。熊の湯で汗を流す。夕方、札幌山の会のパーティーも一緒にテン泊。明日、東岳とのこと。

5/4 朝、地元の人が、すぐ下で熊が出たと知らせてくれる。朝は霧の中だったが、知床峠に向かう時には快晴。知西別岳をめざすが、知床縦貫道は10時開通。10:30出発する時には天気は下り坂。羅臼湖を巻いて、ガスと強風に急斜面手前で引き返す。見えるようなら天頂山への雪渓を詰めてみたいと思ったが、相変わらずのホワイトアウトに断念。霧雨に全身しっとり濡れてしまったが、ウトロに下ると晴れていた。清里温泉で温まり、廃校となった小学校の自転車置き場にテントを張る。夜は強風と雨。

5/5 回復傾向の天気予報、テントやシュラフを干して斜里岳玉石沢へ。斜里岳も尾根筋は黒く見え、強風もあり沢を詰めてみることに。何とか雪を繋いで玉石沢まで、沢の中はまだ大丈夫。斜里岳を眼前に見る急斜面手前までで引き返したが、アイゼン・ピッケルで山頂まで行けそう。近づけば近づくほど、斜里岳が間延びして見える。斜里岳は、遠くから見る方がかっこいいみたいです。

5/6 強風予報だが、根北峠側は風下。雪もしっかりあり、南斜里岳尾根がダメなら沢をつめようと出発。尾根の風は思ったほどではなく、雪の切れる所まで行って、標高差500mの広尾根を一気に滑り降りる。沢から上り返して根北峠までが長かった。斜里岳の景色を堪能している時、沢を詰めて斜里岳に向かっているパーティーが見え、次は沢詰めで斜里岳に行きたいの声が。13時過ぎには根北峠を出て、18時には旭川に戻る。

雨、強風もありましたが、毎日温泉で汗を流し、野菜たっぷりの食事をしっかり食べ、目一杯スキーを楽しんだ、同行してくれた仲間に感謝です。        (記 大屋)